薬剤師のお勉強ノート

半人前薬剤師が日々の勉強内容を振り返るための備忘録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ネキシウムカプセル

ネキシウムカプセルについてまとめていきましょう。

★特徴★
・ラセミ体であるオメプラゾールからS 体のみを分離したPPI 。

・S 体はR 体と比べ、CYP2C19への親和性低く代謝を受けにくい。

・オメプラゾールや他のPPIと比較して遺伝子多型による影響を受けにくい。

・ネキシウムは上記の特徴より安定した薬物動態を示す。

・CYP2C19の遺伝子多型では代謝の高いEM(extensive metabolizer)と遅いPM (poor metabolizer)、中間のIM (intermediate metabolizer)がある。

・日本人ではEMが34.9%を占めている。

・ネキシウムカプセルはNSAIDs投与時の胃潰瘍、十二指腸潰瘍の再発抑制の適応あり。(タケプロン15mgでも適応あり。)

・ネキシウムカプセルは食事の影響受けにくく、食前、食後を問わず服用できる。

・のみ忘れた時は次の服用まで8時間あける。

・レイアタッツ(アタザナビル)と併用禁忌
→胃酸分泌抑制でレイアタッツの血中濃度低下

・粉砕不可(腸溶性顆粒を充填したカプセルのため)






個人差がなくCYPの相互作用を気にしなくていいんですね。

調べているとPPI 服用中の逆流性食道炎患者では67%以上の方で週1回以上胸焼けが起こっているそうで、そのような患者にPPIを変更してみてもいいかもしれませんね(^ー^)

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。