FC2ブログ

薬剤師のお勉強ノート

半人前薬剤師が日々の勉強内容を振り返るための備忘録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

過活動膀胱(OAB )、夜間頻尿ガイドライン

今回は過活動膀胱の症状と治療薬、夜間頻尿ガイドラインに関して調べてみました。


★過活動膀胱(OAB )とは★
・尿意切迫感を必須とした症状症候群。

・通常は頻尿と夜間頻尿を伴う。

・切迫性尿失禁は必須ではない。
→切迫性尿失禁のないOABをOABdry。切迫性尿失禁のあるOAB をOAB wetという。

・便宜的に頻尿を1日8回以上と定めることもある。

・夜間頻尿とは夜間に排尿のために1回以上起きなければならないという愁訴。

★OABによる夜間頻尿治療薬のグレード★
夜間頻尿診療ガイドラインより抜粋
OAB に伴う夜間頻尿の薬物療法

・推奨グレードA(論文のランクⅠ)
バップフォー(プロピベリン)
デトルシトール(トルテロジン)
ベシケア(ソリフェナシン)


・推奨グレードC (論文のランクⅡ)
ポラキス(オキシブチニン)


・推奨グレードE (論文のランクⅤ)
ステーブラ・ウリトス(イミダフェナシン)


抗コリン薬のグレードは上記のとおり。
ほかにもブラダロン(フラボキサート)も用いられる。(推奨グレードD:論文のランクⅢ)


夜間頻尿の原因はほかにも前立腺肥大や夜間高血圧、心不全、糖尿病、尿崩症、睡眠障害など様々あります。

薬の使い分けや、前立腺肥大に伴う夜間頻尿についてはまたの機会に(^.^)



ためになったー。という方はこちらをポチっとお願いします(^-^)↓
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。