薬剤師のお勉強ノート

半人前薬剤師が日々の勉強内容を振り返るための備忘録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

イトリゾールの併用禁忌

相互作用が多い薬の代表、イトリゾールの併用禁忌を一覧にしてみました。

問題となるのはCYP3A4阻害作用とP糖蛋白質阻害によるものがあります。

みなさんは全部言えますか?

★CYP3A4阻害によるもの★
・オーラップ(ピモジド)、ベプリコール(ベプリジル)、キニジン
 →これらの薬剤の血中濃度上昇により、QT延長が発現する可能性がある。


・ハルシオン(トリアゾラム)
 →トリアゾラムの血中濃度上昇、作用の増強、作用時間の延長があらわれることがある。


・リポバス(シンバスタチン)
 →シンバスタチンの血中濃度上昇により、横紋筋融解症があらわれやすくなる。


・カルブロック(アゼルニジピン)、レザルタス(アゼルニジピン)、バイミカード(ニソルジピン)
 →血中濃度を上昇させることがある。


・クリアミン(エルゴタミン)、ジヒデルゴット(ジヒドロエルゴタミン)
 →これらの薬剤の血中濃度上昇により、血管攣縮等の副作用が発現するおそれがある。


・レビトラ(バルデナフィル)
 →バルデナフィルのAUCが増加しCmaxが上昇するとの報告がある。


・セララ(エプレレノン)
→エプレレノンの血中濃度を上昇させるおそれがある。


・ロナセン(ブロナンセリン)
 →ブロナンセリンの血中濃度が上昇し、作用が増強するおそれがある。


・レバチオ(シルデナフィル)
 →シルデナフィルの血中濃度を上昇させるおそれがある(シルデナフィルとリトナビルとの併用により、シルデナフィルのCmax及びAUCがそれぞれ3.9倍及び10.5倍に増加したとの報告がある)。


・アドシルカ(タダラフィル)
 →タダラフィルの血中濃度を上昇させるおそれがある(タダラフィルとケトコナゾールの併用により、タダラフィルのAUC及びCmaxがそれぞれ312%及び22%増加したとの報告がある)。






★P糖蛋白質阻害によるもの★
・ラジレス(アリスキレン)
 →イトラコナゾールカプセルの併用投与(空腹時)により、アリスキレンのCmax及びAUCがそれぞれ約5.8倍及び約6.5倍に上昇したとの報告がある。


・プラザキサ(ダビガトラン)
 →ダビガトランの血中濃度が上昇し、出血の危険性が増大することがある。




2つのランキングに参加しています。
お一人様、一日一回有効ですので、よろしければクリックお願いします(^-^)↓
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村


薬学 ブログランキングへ
皆さまのクリックが日々更新する原動力になっています。ありがとうございます☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。