FC2ブログ

薬剤師のお勉強ノート

半人前薬剤師が日々の勉強内容を振り返るための備忘録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

抗ヒスタミン薬の使い分け②

第二回めの抗ヒスタミンの使い分けについてです。

もう少し詳しく違いを見ていきましょう。


★適応症の違い★
・喘息
→アゼプチン錠、セルテクトドライシロップ、ザジテンドライシロップ、アレジオン錠、ゼスラン錠

・尋常性乾癬
→アレジオン錠、アレロック錠

・多形滲出性紅斑
→アレロック錠


★妊婦への使用★
・禁忌
→レスタミン、ピレチア・ヒベルナ、セルテクト、クラリチン、ニポラジン、(リザベン)

・妊婦に使用可能な抗ヒスタミン薬
→ポララミン、タベジール、ザジテン、ダレン、エバステル、タリオン

※現在市販されているH1拮抗薬に催奇形性は知られていない。しかし、胎児に対する安全性も確立されていないので、できるだけ投与しないことが望ましいとされている。ただし、ポララミンは妊婦に対する使用経験が多く、どうしても必要な場合には使用しうる薬剤です。


★作用発現の速さの違い★
・第一世代は即効性あり。


・第二世代は時間がかかるが以下のものはTmaxが短く、即効性が期待できる
→ジルテック(Tmax;1.4h)、アレロック(Tmax;1.0h)、クラリチン(Tmax;1.6h)、タリオン(Tmax;1.2h)
※初回投与時は速やかな効果発現が待できますが、継続使用すべき薬剤であることを考えると、臨床上この違いはあまり問題にならならない。


★肝機能障害者には★
・アレグラ、タリオンが肝臓での代謝受けにくい

★腎機能障害者には★
・用量・投与間隔の調節が不要のもの:ポララミン、セルテクト、アレジオン、クラリチン
※文献により解釈が異なるため注意


少しは役に立ったよ~!という方はこちらをポチっとお願いします(^-^)↓
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。